W&E - プロフィール

water and earth

Author:water and earth


postrockを嗜好し

地底探偵・遠洋漁業・
シェンクーで
ドラムを叩きつつも

W&Eとして
簡単なギターを爪弾いて
唄っては踊らずに
日々を精神的に精進


・自称エセ為替トレーダー
・自称エセ占い師&
生き抜き方コンサルタント

将来はスタジオと為替と
占い師&人生相談で富裕層
になります。

しかし普段も
相変わらず訳のわからないことを
言っている人。


W&E - リンク


ブログ - カテゴリ別


ブログ - 新着順


ブログ - 月別アーカイブ


W&E - twitter


W&E , WSG音源

W&E
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf

WSG
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf


行く人来る人÷2


天氣予報


-天気予報コム- -FC2-

kawase-bijo


トラリピ

M2J お友達紹介プログラム by マネースクウェア・ジャパン

mail form

name:
address:
subject:
mail:


最新コ〆ン卜


最新卜ラックバック


詮索⊃ォ一云


オウム真理教が事件を起こした理由の探偵

被害者の方へは、予め、不快に思ってしまったことがあるならば申し訳ありません。
しかし、私の感じることを綴ることによって、
少しでも未来の社会が明るくなっていくのであればと思って、筆を執る次第であります。

実行犯のオウムの幹部など、高学歴の人が多かったように記憶します。

それは何を物語っているかと言えば、

世間は、学歴社会で、良い大学に入れば、良い会社に入ることができ、経済的に豊かに暮らすことができ、幸せになれると思われてきました。

しかし、良い大学に入れて幸せなはずの学生の中にも、ぽっかり心に穴の開いた人がいたのです。

本当に幸せなのか?これから幸せになれるのか?

今が幸せだと実感できていないから、色々と考えるけれど、結論は出てこない。

…では、なぜ幸せを感じることができていないか?というと、

今の今まで、親のしつけもあって、学業だけに専念しすぎて、知識は勉強をして豊富すぎるほどあるけれど、実際に今の生活を主体的に自力で生き抜いた上での知恵が養われてこなかったから、実際に生きている実感も自信もないし、勉強した知識も実際の生活力とは結びついていない。

そんな中で、オウム真理教からの入信の誘いがあったのだろう。

知識が優位になりすぎていて、頭でっかちの人というのは、実際の現実の生活での経験に乏しかったりして、人との交流もあまりなかったりして、何でも自分の頭だけで考えてしまいがちになる。そうすると、他者が伴わないから、他者との関係から生まれる客観性がないから、自分の至らない所に目が行きにくいし、いくらでも自分を肯定できるものだ。
そうなってくると、何かうまくいかないことがあっても、自分は悪くないから、悪いのは相手のせいだ、悪いのは社会のせいだ、となってしまう。
そういう思考に陥ってしまって、かえってまたもやうまくいかないことが出てきて自分が生き抜いていく自信がなくなってきたところに、

オウム真理教からの誘いがあり、同じような感情を持つ人たちと一緒になり、

本当は、どんな自分でも、自分を心の拠り所として頼って生きていかなければならないところを、

ぽっかり開いた心が、オウム真理教とその信者たちを心の拠り所にしてしまい、

「悪い社会」に対して、悲しくも初めて現実に主体的に行動を起こしてしまったのである。起こしてしまった事はとてつもなく悪いことであるが、起こしてしまった動機は、この学歴社会の世の中の中で、ただ単に悪いものは悪いとは片付けられない根が深いものである。

ただ、ここで言いたいのは、知識偏重・学歴社会の世の中、その弊害をただ法律で縛り上げる世の中は良くないと思うけど、
どんな社会であっても、事件を起こしたのは、その本人である。その本人が起こしたことである。社会への考え方が間違っていたのである。

だから、一人一人が、今の現実に対し、よりよく生きていくために、何を感じ取れるか?ということは、非常に大切だと声を大にして言いたい。

とりわけ、逆に宗教は全て悪いと思いすぎるのも良くない。よりよく生きるために、自分の心の拠り所を作るには、先人の哲学なり思想なり、宗教から学ぶことは大いにあるという側面があるからだ。

そこまで精神的に踏み込んで考えていかないと、平和は訪れないだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://water30and30earth.blog.fc2.com/tb.php/14-a53d4c71

 | ホーム |