W&E - プロフィール

water and earth

Author:water and earth


postrockを嗜好し

地底探偵・遠洋漁業・
シェンクーで
ドラムを叩きつつも

W&Eとして
簡単なギターを爪弾いて
唄っては踊らずに
日々を精神的に精進


・自称エセ為替トレーダー
・自称エセ占い師&
生き抜き方コンサルタント

将来はスタジオと為替と
占い師&人生相談で富裕層
になります。

しかし普段も
相変わらず訳のわからないことを
言っている人。


W&E - リンク


ブログ - カテゴリ別


ブログ - 新着順


ブログ - 月別アーカイブ


W&E - twitter


W&E , WSG音源

W&E
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf

WSG
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf


行く人来る人÷2


天氣予報


-天気予報コム- -FC2-

kawase-bijo


トラリピ

M2J お友達紹介プログラム by マネースクウェア・ジャパン

mail form

name:
address:
subject:
mail:


最新コ〆ン卜


最新卜ラックバック


詮索⊃ォ一云


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mixiニュース “うつにならない人間関係”の4つのポイント‏

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1999198&media_id=112&from=home&position=2

うつ病を治すお医者さんが、うつ病になった経験を活かし、著書を出版したようです。
私は、その内容を読んでいませんが、私なりに色々と書いていこうと思います。

まず、うつ病を治すお医者さんであっても、うつ病になるんだということ。これはどういうことを物語っているかといえば、

「うつ病を治したり、なりにくくする知識はあっても、うつ病を治したり、なりにくくする知恵が今の自分には乏しかった」

ということだと思います。
知識というものは世間一般共通の外側のものですが、必ずしもその人その人には当てはまらないこともある。
知恵というものは、その人がよりよく生きるために経験した様々な成功や失敗から得た確かに生き抜ける内側のものです。

だから、究極を言えば、うつ病は本人の自助努力なくして回復なし、だと思います。

どう自助努力すればよいかわからない八方塞がりな感覚を少しでも緩和するために
カウンセリングがあったり薬があったりするんだと思います。

私のときも、カウンセラーはああしろこうしろとは決して言いませんでした。

私も、うつ病だった時があります。

うつ病を経験したことがある私でも、本人の自助努力なくして回復なしだなんて、人によっては辛口に聞こえるかもしれないようなことを言うようになってきました。

それでは、mixiに書かれていた4つのポイントを見ていきたいと思います。

(1)相手は変えられない、自分も相手に変えられない

…以前の私は、人に怒られないように嫌われないように生きてきました。自分のやりたいことをやって、それによってまわりがどう感じるかという経験に乏しいから、自分のやりたいこともやった上で「ここまでこれをやれば相手はこういう感情になるからやめておこう、違う方法を考えよう」などというバランス感覚が養われなかったので、自分の頭の中だけで、物事をやる前から相手に怒られないようにとばかり延々と考えて、自信なさげにおどおどしながら生活していました。
他者との交わりの中から自分を客観的に見ることがなかったので、自分の頭の中だけで自分を考えていては、自分の改善点に気がつくことはけっこう難しいんじゃないかなあと思います。
だから、自分を肯定する方向に針が振れ、自分が正しいと思いたがり過ぎて、そうなると、相手の悪いところに目がいったり、あら捜しをしたり、相手を変えさせたりして、少しでも自分を正当化したくなるものです。

このように自分の改善点に目がいかな過ぎて、相手の悪いところに目が行き過ぎるけど、

嫌われたくないから、言えない。

このような状態が、精神的にかなり負担がかかると思います。

(2)一緒にいたいなら、「良い」「悪い」の評価を外して、相手を受け入れる

もう夜遅くになったので簡単に書きますけど、物事を「好き」「嫌い」で片付けてしまい過ぎては成長はありません。
「好き」には好きの、「嫌い」には嫌いの原因があります。
「好き」には本人の伸ばすべき才能がある場合もあるけれど、
「好き」と「嫌い」の両方には、
「本人の現実の精神的な改善点から逃げ過ぎている」部分が奥底に隠されているのです。
例えば、嫌なことがあって、現実逃避したくて好きなディズニーに行くとか、うんぬんで、
だから、どうして「好き」なのか、どうして「嫌い」なのかをもっと踏み込んで考えれば、もっと自分のことがわかってくると思います。
そして「嫌い」の中にも自分に足りない良さに気がついたりして幅が広がります。

「好き」か「嫌い」かで片付けすぎてしまえば、窮屈になりすぎて、これも精神的には良くはないと思います。

(3)先に変わって“魅せる”、相手が変わるかどうかは相手が決める

ああもう横になりたい。
…ということで、相手を考えることよりも、まずは自分の改善点を改善して行動していくことが、結果的に相手を変えられることになると思います。

(4)義務と責任の関係から、愛と感謝の関係へ

もう横になっていいかなー?
…ということで、親はああしなさいこうしなさいってよりも、自分で自分を育てさせるように仕向けるとよいと思います。がんじがらめにああしなさいこうしなさいと子供は(子供じゃなくても)言われて反発したくても、怒られたくない、認められたいとかという感情があるから、その枠の中で、言われたことしかしなくなるか、反発して反動で全く違う道に突っ走るかしかしなくなって、自分の本当にやりたいことを考えなくなるので、どちらにせようまくいかなかったら親のせいになるから最悪の場合は親を殺したりする事件が起こるんです。良い精神状態とは言えません。親子の関係ってすごい大事だと思います。

ということで、シャワシャワっとしてきまーす!






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://water30and30earth.blog.fc2.com/tb.php/11-04beebf5

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。