W&E - プロフィール

water and earth

Author:water and earth


postrockを嗜好し

地底探偵・遠洋漁業・
シェンクーで
ドラムを叩きつつも

W&Eとして
簡単なギターを爪弾いて
唄っては踊らずに
日々を精神的に精進


・自称エセ為替トレーダー
・自称エセ占い師&
生き抜き方コンサルタント

将来はスタジオと為替と
占い師&人生相談で富裕層
になります。

しかし普段も
相変わらず訳のわからないことを
言っている人。


W&E - リンク


ブログ - カテゴリ別


ブログ - 新着順


ブログ - 月別アーカイブ


W&E - twitter


W&E , WSG音源

W&E
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf

WSG
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf


行く人来る人÷2


天氣予報


-天気予報コム- -FC2-

kawase-bijo


トラリピ

M2J お友達紹介プログラム by マネースクウェア・ジャパン

mail form

name:
address:
subject:
mail:


最新コ〆ン卜


最新卜ラックバック


詮索⊃ォ一云


10/28~11/1FX為替の見通し

「先週の結果」

だいたい予想は当たったかなと思います。EURが伴う通貨は全般的に上昇したのが外れましたが。。

①米ドル円
もう少し下押しした方がしっくりくるかなと思います。
しかし下押し後は上昇し、その後にはちょっとしたかなり荒い動きが起こるかもしれません。
USD/ZARももう少し下押しした方がしっくりくるかなと思います。
USD/CADの下落予想はダマシでしたが、これからあまり上昇はないと考えます。

②ユーロ円
134円台でもみ合いがしばらく続くと予想します。
EUR/USDはそろそろ一旦の天井かなと思います。
EUR/AUDは1.4360~1.4460でもみ合うかなあと思います。
EUR/NZDは計測不能ですが、天井かなと思います。
EUR/CADはそろそろ天井。
EUR/ZARは大幅上昇があるかも知れません。

③ポンド円
もみ合いになると思います。
GBP/USDはUSDしだいで上か下かどちらかです。オーソドックスならしばらくしたら下かなと思います。
GBP/AUDは上向き。
GBP/NZDは思ったより上がりすぎてます。
GBP/CADはあともうすこし上昇余地はあります。クロス円全般が下げ止まったら上昇も止まると思います。

④オージー円
様子見。米ドル円が下押しすればそれ以上に下がりやすくはなっています。
AUD/NZDはもうすこし上昇余地はありますがそろそろかもしれません。
AUD/CADはパリティ超えし、それ以上の上昇はないかなと思います。

⑤ニュージー円
様子見。

⑥カナダ円
米ドル円と同様です。

⑦南ア円
様子見。

⑧香港円
米ドル円と同じです。

⑨日経平均
これがまた最重要で、かなりのエネルギーが蓄積されており、近々それが大きく上か下かに大きく振れる予兆はあります。

⑩NY金
大きく下落する予想をしていましたが腰砕けになりずっこけました。もう少し上昇があるかも知れません。


「総括」
①~⑦の通貨を強い順に並べるとすれば、
初めは
GBP-USD-CAD-EUR-ZAR-AUD-NZD
その後
USD-CAD-NZD-AUD-GBP-EUR-ZAR
だいたいそんな感じかなと思います。

もう少し円高ぎみになった後に円安になる、そしてその後もしかしたら日経平均を中心として大波乱があり、為替もそれに伴いかなり乱高下がありうるかも…と警戒はしておきたいです。アメリカの雇用統計とか中国の引き締め問題やアメリカのFRB議長選出決議とかで荒れるのかもなあという気もします。
いずれにしても、そこで大きく円高になったとしても、長期的には円安と捉えるならば、勇気を出して買い拾うこともアリなのかなあと思います。
スポンサーサイト

10/21~10/25FX為替の見通し

「先週の結果」
前半でEUR/AUD,NZDやGBP/AUDだかNZDの下落は捉えたものの、
ドルストレートの下落予想はおもくそダマシ。
予想の転換を余儀なくされました。

「今週」

①米ドル円
10月頭に底をつけましたが、今後に二番底をつける可能性はあります。
しかしながら、その他のクロス円では上昇示唆が出ているため、
そこらの関係上、どうなるかは神のみぞ知ります。
二番底を意識しつつもその他のクロス円をも意識したいです。

ちなみにUSD/CADやUSD/ZARは下向きなのでそこらも意識したいです。

②ユーロ円
こちらは上向きになっています。年初来高値を更新する可能性もあるでしょう。
EUR/USDはだいたい上がりきった感はあります。
EUR/AUD,NZDはさらに下押ししそうですが…。売り場ができたら売りたいかな…。
逆にEUR/CADは買っています。結構伸びそうな感じなんですけど…。
さらに逆にEUR/ZARは下目線で売ってるんですよね。これもどうなるか…。

EURは通貨によって上下まちまちで、どれかがダマシなのか、EURより高金利やら新興国通貨の方が強くなっていくのか、それとも全部ダマシか、どれかですね。

③ポンド円
こちらも軽く上向き。しかし一度下に垂れてからの上昇の方がしっくりくるかもしれません。
GBP/USDも上向き。一度下に垂れることはあったとしてももう一段高になりそうです。
GBP/AUDは日足的にヘッド&ショルダーを形成した後の保ち合いに突入。様子見。
GBP/NZDも様子見。
GBP/CADはEUR/CADと同様に買っています。

④オージー円
さらなる上昇も意識しながらの。押し目を待つ態勢。
AUD/USDはだいたい上がりきったかなと思いますが、もしまだまだ上昇してどうしようもないならパリティ超え寸前!
AUD/CADもパリティ超え寸前ですが、そうなると、ちょっと過剰に超えすぎるんですかねえ?
AUD/NZDはちょっと下向きなのと大きめに上向きなのが混在していてどうでしょうか。ちょっと下に行ってから大きめに上向きになればすっきりします。

⑤ニュージー円
まだ上向き。
NZD/USDも、も少し上がるかどうか。

⑥カナダ円
米ドル円とともに軟調な気分になりますが、下値はしっかり買っておきたいです。97円という数字を意識したいです。

⑦南ア円
上向きです。短期的にはオセアニアと並んで上昇基調が感じられる通貨です。

⑧香港円
米ドル円と同じです。

⑨日経平均
様子見。

⑩NY金
大きく下落する予想をしているので、今のこの1300ドル近辺は絶好の売り場かなあと思ってます。

「総括」
①~⑦の通貨を強い順に並べるとすれば、
(AUD-NZD)-ZAR-(EUR-GBP)-CAD-USD
という感じになります。

10/14~10/18FX為替の見通し

①米ドル円
先週前半に一旦の底値を付けてから上昇。上昇方向への壁としては99円があります。しかし突破しても100円は行かないでしょう。せいぜい99円半ば。それよりかは97~99円あたりで方向感なく荒めに保ち合うかなあと考えています。

②ユーロ円
同様に上昇しましたが、そろそろ伸びしろは無い感じがします。EUR/USD,AUD,NZD,CAD,ZARなどは下向きで上値は抑えられる気がします。オーソドックスに考えれば132.50~133.60あたりをコアレンジとして、132円半ばや131円近辺の壁を意識しながら、最悪は130円近辺まで下落を警戒してみたいです。

③ポンド円は既に保ち合いへ移行していそうです。その中でGBP/USDは下向きに作用していきそうです。

④豪ドル円はもう少し上がってもいいかなあと思います。上昇幅は米ドル円と同じくらいの値幅になるかなあと考えています。
AUD/USDは、米ドルを買いたい人よりも豪ドルを買いたい人の方がやや優勢なのかな、と思います。しかし豪ドルを短期的に買っている人はぼちぼち売り抜きたいなあという感じでしょう。

⑤ニュージー円は、とりあえず上がりきったかなあと思います。一旦下がったり上がったり保ち合いを経て、上がってもモメンタムが下向きな時には売れば良いし、その逆なら買えばいいと思います。いくら利上げに最も近いとはいえ、今から買ってもしょうがないので、でも高金利なので、次の動きに追髄するよりないです。

⑥カナダ円は、米ドル円や豪ドル円と同様です。

⑦南ア円は、週半ばに上昇示唆が出現し、だいたい上昇目処までは上げてきました。

⑧香港円も米ドル円~と同じです。

⑨日経平均は14600円までは上がったとしてもアメリカの影響を受けるかもしれません。

⑩NY金は、今後大きく下落する可能性はあります。

総じて、ドル系は若干の伸びが期待できるものの上値は次第に重くなり保ち合い、それに比べてユーロ圏は弱め、、、なので面白い(値が動きやすい)通貨はユーロ圏のドルストレート通貨かな、と思います。

10/7~10/11 FX為替の見通し

①米ドル円
→先週記述した下値のトレンドラインを割ってしまい、今までの円安地合いに何かしらの変化が起こり得るかもと、警戒をしておきたいです。98円の壁まで反発するかも知れませんが、ひょっとしたら95円台に突入してしまうかも知れません。しばらくは、今年前半のような円安にはなりにくく上がりにくくなってきたかも知れません。

②ユーロ円もよろしくありません。132円の牙城が切り崩された感があります。下落するならば131円台前後まで余地があるかも知れません。そのかわり、EUR/USDは1.37へ向かって今が押し目買いのチャンスかも知れません。その他、対円を除くユーロとの組み合わせの通貨は総じて押し目買いか否か?そのまま下落するのか?特にオセアニア通貨とのコンビが非常に気がかりです。

③ポンド円は言わずもがな、おもくそ下落しました。先週途中10/3の朝に156円割れが示唆されていました。しかし現状では下がりきった状態。最悪は154円半ばまで下がりますが、どうでしょうか。これも、オセアニアとの組み合わせ通貨の動向が非常に気がかりです。

④さて問題の通貨の1つ。豪ドル円は今後どうなるでしょうか?現状としては先週末には上昇しつつも、未だ下落を考えていいのではないかと思います。何回か反発上昇を挟みながらも目指すは90円割れ。91円を再度割るような事があれば、比較的ストーンと下落することも考えられます。この円高下の中で買うとしたらオセアニアかなあ?、金利もいいしなあ~なんて感じで買われているような気がしますが、ちょっと下落しだすと焦って売り飛ばすような事になるかも知れません。そうなるとしたら、今の91.8円は絶好の売り場になるんですがどうでしょうか?

⑤そしてもう1つの問題通貨、ニュージー円。80円を大きく割っていく予想をしていましたが、なかなか粘っているという印象。80円半ばを明確に割り込めばいよいよ大きな下落へと向かう可能性が出てくるのですが果たして…。

⑥カナダ円は、もうちょっと下がってもいいかなあと思います。95円前後に行ったら売ってみてもいいのかなあと思います。

⑦南ア円は様子見。

⑧香港円は、米ドル円と同じく円安地合いに変化。もう少し下押しするかどうか様子見。



 | ホーム |