W&E - プロフィール

water and earth

Author:water and earth


postrockを嗜好し

地底探偵・遠洋漁業・
シェンクーで
ドラムを叩きつつも

W&Eとして
簡単なギターを爪弾いて
唄っては踊らずに
日々を精神的に精進


・自称エセ為替トレーダー
・自称エセ占い師&
生き抜き方コンサルタント

将来はスタジオと為替と
占い師&人生相談で富裕層
になります。

しかし普段も
相変わらず訳のわからないことを
言っている人。


W&E - リンク


ブログ - カテゴリ別


ブログ - 新着順


ブログ - 月別アーカイブ


W&E - twitter


W&E , WSG音源

W&E
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf

WSG
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf


行く人来る人÷2


天氣予報


-天気予報コム- -FC2-

kawase-bijo


トラリピ

M2J お友達紹介プログラム by マネースクウェア・ジャパン

mail form

name:
address:
subject:
mail:


最新コ〆ン卜


最新卜ラックバック


詮索⊃ォ一云


あのMiaou、スターファッカーが宇都宮にっ!!

7/9 sound a base nest 宇都宮
STRFKR
Miaou
OmoideBand
The Vanities
DJ yue/iwaki/ryoya
19:00open¥2500+(1d)
まじでやばい夜
夏祭り

INFO
ロウコア・レコード

twitter:@LowcoreRecords

スポンサーサイト

FX為替7/1~7/5の見通し

全国101億1300万人のファンの皆様、
お待たせいたしました。

今週までは、想定していた範囲内でのレンジ相場が続く展開が繰り広げられました。
そして、6/28ではおおむね対円通貨が全面安になりました。

--------------------
今現在では確率は半々といったところですが、
来週は、おおむね対円通貨ではさらに上昇の余地があるとの見方が強くなってきました。

各通貨ずつ細かく見ていきましょう。

米ドル円…
これからも上昇するならば、まずはやはり100円の壁が気になるところです。
そこを超えてくるようであれば、101円台乗せにも注目したいです。
下落するならば、97円を割るかどうかかな、と考えています。

ユーロ円…
こちらもやはり130円の大台に乗せてくるかが気になります。
そこを超えるならば131円近辺前後までは堅いかなあと思います。
下落なら、127円の攻防が気になるところです。

ニュージー円…
まずは78円の壁。そこを超えるなら80円の大台を超えるかどうかが気になります。
下落ならば75円中盤での攻防に注視したいです。

カナダ円…
まずは95円の壁。そして96円超えをみせるかどうか。
下落なら93円の攻防。

フラン円…
105円に乗せるかどうか。
下落なら104円を割れてどこまでいくか。

香港ドル円…
12.8円を超えるか?
下落なら12.5円あたりを注視したい。

それらに伴って対米ドルがどんな動きをするか?
米ドル円が100円超えの攻防をする中で下落していた対米ドル円が一時的に反発上昇する、というシナリオもあると思います。

EUR/USDは1.3000の攻防に注視したいです。そこから下落するなら1.2900割れも視野に入れたいです。

気になるのがAUD/USD、それに伴ってAUD/JPY。
6/28に対円がおおむね上昇する中で、AUD/JPYは下落しました。
AUD/USDにおけるAUD売りUSD買いが根強く、今後も続くとすれば
0.9000あたりの攻防、そして0.89割れも見られるかも知れません。
それに伴ってAUD/JPYがどうなるかは、非常に不透明です。

--------------------

ということで、気になってばっかりです。
うっかりせずにちゃっかり儲けたいです。

FX為替6/24~6/28の見通し

先週の予想は大胆すぎたようですね。
FOMCにより景気回復が進めば金融緩和(ドル安要因)を縮小しますよという政策発表により、
一気にドル高が進みました。
それにつられてGBP/JPYやEUR/JPYも上昇しましたが、
AUD/JPYに関しては、おもくそAUD/USDでUSD買いが発生したため、
かえって下落するシーンがありました。

対米ドルに関しては、ドルが買われたため、文字通りピークアウトしました。

--------------------
来週以降は、しばらく主にレンジ相場になっていくと思われます。
最初はレンジ幅は大きいが、徐々に幅小になっていき、
上か下かの大きなトレンド形成がなされると思います。
ちょうど参院選くらいになるかもしれませんね。

各通貨・初期レンジ予想

米ドル円…94.3~98.5
コア(96-98)

ユーロ円…125.8~130.6
コア(126.7-129.6)

ポンド円…148.1~153
コア(150-152)

などです。その他、
豪ドル円に関してはまだ下落余地が残されていましたが、
差し込みが浅いです。今後とも注視したいです。

EUR/USDとGBP/USDに関しては、ひょっとしたらもう少し下落余地があるかもわからないですけど、
いずれそれぞれ1.322、1.549に戻ってくるでしょう。しかしその後はしばらく下落していくかもしれません。

--------------------

なぁ~んちゃって

FX為替6/17~6/21の見通し

今週は、すさまじい乱高下の中、おおむね対円通貨が直近の最安値を更新していくという相場になりました。

直近の対円通貨の目標値としては、

USD/JPY= 95.17↓
EUR/JPY=126.64↓
AUD/JPY= 88.89↓
GBP/JPY=149.48↓

でした。
そして、ほとんどの対円通貨が終値として目標値に到達しましたので、
ここで一旦仕切りなおしということで、
新たな次の局面が展開されると思います。

その手がかりとしては、
AUD/JPYにはもう一段の下落リスクがあること、
対米通貨としては
EUR/USDやGBP/USDはそろそろピークアウトを迎える可能性があること、
AUD/USDにはそろそろ下落からの反発の兆候が見られること。

これらの材料があります。

--------------------
ということで、大胆なシナリオを描くとすれば、

7月の参院選までなのか短期的なのかわかりませんが、
日銀の異次元の金融緩和分を全て解消したくらいのシナリオとしては、

主に資源国通貨が反発上昇(ただし対円としては下落)。
AUD/JPYは88~89円台に定着し横ばい
AUD/USD下げ止まり、上昇なら0.99弱
という予想を基に、
USD/JPYは90円台
EUR/JPYは120円割れ
GBP/JPYは140円前半もしくは140円割れ
--------------------

という大胆なシナリオを1つとして頭の片隅に入れておきたいと思います。

しかし夏に近づいたからといってそこまで大胆にならなくたっていいかもしれません。
あくまでも下方向でのシナリオです。

FX為替6/10~6/14の見通し

先週のブログでは「そろそろ円高も落ち着いてくる」と想定していましたが、掲げた目標値よりも大幅に円高に振れました。
日に日にどんどん下への目標値が更新されていく状況でした。
その更新された目標値としては、

米ドル円…98.61、最大下落97.71~97.24
ユーロ円…129.33もしくは129.35、最大下落128.13
豪ドル円…短期的な最大下落93.79
ポンド円…151.48、新たな下落ターゲットが出たら149.56
NZドル円…77.96、77.55
カナダ円…最大下落95.26、95.19
スイス円…103.57、新たな下落ターゲットが出れば最大下落100.87
香港円……12.72、12.53

ということで、この目標値は単なる通過点かのように更に下落したシーンがありました。
米ドル円においては一時94円台に片足を突っ込みました。
しかし週末クローズではようやく上記の目標値付近に戻してきた状況です。

--------------------

ということで来週のシナリオですが、

上記の目標値以外には新たに目標値は今のところ出ていません。
なので少ないポジション量で上記の目標値を基準レートとしてスイング戦法でも取ろうかなあと思います(実際に金曜夜からこの戦法で売り買いタイミングがばっちりハマりました)。

または、終値として、上記の目標値までしっかり下落するシーンもあるかもしれません。

AUD/USDは6/3に急反発した時は正直面食らいましたが、まずは0.94半ば、そして0.93割れも視野に入っています。

急騰したGBP/USDに関しては、少し買われすぎ感が否めません。
一度は1.53~1.54の中に落ち着いてくるが、
上昇なら1.58近辺、下降なら1.50近辺…とだいぶ開きがあります。

--------------------

とかなんとか言っても週末のビールがおいしくなるように頑張りまーす!!

FX為替6/3~6/7の見通し

今週は、株価の影響などあいまって、外国為替も連動し、乱高下を経るという厳しい勝負を強いられましたが、週末クローズにてようやっと、だいたいシナリオ通りに動きました。
シャケが産卵を終えたあとの身も心もボロボロに近い勝負で、文字通り産みの苦しみの末のやれやれ感があり、疲れがどっと押し寄せ、泥のように眠りこけ、また来週から精進していきたいと思います。

という感じで、来週のシナリオとしては、

--------------------
そろそろ円高も落ち着いてくると思われます。

・米ドル円…最大下落~99円前半まで
・ユーロ円…最大下落~129円半ばくらい
・ポンド円…最大下落~151円半ば前後
・カナダ円…最大下落~95円前半まで

そして、大幅下落した豪ドル円ですが、
可能性は低いとしながらも、さらに大幅下落するなら94円割れも視野に入れておきたいと思います。
そうなると、AUD/USDにおいても大幅に下落が進み0.92前半まで目処に入ってはきますが、何とも言えません。
それがすぐに起こりうる可能性は利下げなどがあれば考えられるかもしれません。

さらに何とも言えないのが、ユロドルとポンドルの対米通貨。
これらに関しては方向性が不安定な状態に入っており、
上昇も下落も考えうるということで様子見の姿勢です。

日本人からして、米ドル円が底をついて反転(ドル買い発生)し、101円半ばに上昇するなかで他の対円通貨が上値の重い展開になるならば、対米通貨は下落しますし、

対円通貨全般が底をついたあとに円売りされていけば、対米通貨も上昇していく、

…とそんな気がします。

あとは、南ア円はどこまで下落するかわかりませんが、対円通貨の上昇に合わせてとりあえず10円台前半に反発するシーンもあるかもしれません。
--------------------

しかしそんなこと言っても梅雨時。
せっかくのシナリオも雨に流されてしまうかもしれません。

雨にも負けず、そんな人になっていきたいと思います。

 | ホーム |