W&E - プロフィール

water and earth

Author:water and earth


postrockを嗜好し

地底探偵・遠洋漁業・
シェンクーで
ドラムを叩きつつも

W&Eとして
簡単なギターを爪弾いて
唄っては踊らずに
日々を精神的に精進


・自称エセ為替トレーダー
・自称エセ占い師&
生き抜き方コンサルタント

将来はスタジオと為替と
占い師&人生相談で富裕層
になります。

しかし普段も
相変わらず訳のわからないことを
言っている人。


W&E - リンク


ブログ - カテゴリ別


ブログ - 新着順


ブログ - 月別アーカイブ


W&E - twitter


W&E , WSG音源

W&E
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf

WSG
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf


行く人来る人÷2


天氣予報


-天気予報コム- -FC2-

kawase-bijo


トラリピ

M2J お友達紹介プログラム by マネースクウェア・ジャパン

mail form

name:
address:
subject:
mail:


最新コ〆ン卜


最新卜ラックバック


詮索⊃ォ一云


千眼美子、全部エセっちゃうね。

さあ、話題の渦中の千眼さん。エセ占い師の私にとってはもってこいの話題ですね!
本日、「暴露本」が出版とあって、なあんだ、計画的だったんじゃああないかああという雰囲気なのですが、

エセっと占ったら彼女は今、どんな運気の流れの中にあるのか!

それでは、まず細木○子さんの占いから。

細○数子さんなら必ずこんな感じで言う。
「彼女が芸能界にデビューしたのは2008年。ちょうど大殺界の真っただ中。今回の騒動は、元はそこから始まっていました。」
「この時期に出会う人は有益ではありません。利用されたり、虐げられる可能性が高い時期です。」
「この時期に、清水富美加さんは所属事務所と契約し、芸能界入りを果たしました。」
「2017年、彼女にとっては財が潤う時期でありながら、人との別れもあり得る年です。」
「よって、この騒動は、六○占術にとっては必然的な流れです。」
「もちろん、暴露本は売れるでしょう(もし売れたら、2017年の夏頃に発売される2018年版の六星○術の本に出てくるでしょう。)」

これは、エセのおいらでもうなづけますね。その通りだと思います。

彼女は、プライドの高い打算的な実利主義でありながら、感覚やひらめきで勢い良く突破する時は突破する、自制する時は自制する、といった感じで、今まで道を踏み外さないように人生を選択してきていることでしょう。

道を踏み外さないと言いましたが、とある宗教団体に入信することについては、個人的には肯定も否定もしません。
なぜならば、個人的には、どこかに属するということは、何かが見えなくなる、何かを見ない様にする、何かを見れなくなる…など、より良く生きていく為により良く感じることができなくなる部分がどうしても生じてしまうからです。ただ、何かしらの心の拠り所を持つことは、こと日本においてはかなり大切だなとは感じている。と、いうことから個人的には肯定も否定もしません。

彼女の大運からすると、イメージダウンとか大炎上とか、集中砲火とかは避けられないでしょう。
しかし、そうすることが、彼女にとってモアベターだったということは、所属事務所の実態などもどうだったか定かではありませんが、彼女はそうすることしかなかった、という部分も否めないでしょう。

ただ問題は、彼女自身には社交性はなく、感覚やひらめきで行動するので、どうしても「思い込み」が強すぎてしまう部分があるでしょうか。自分がこうしたい、こう表現したい、それにはここは我慢しよう、など、自分だけで終わってしまっている部分が感じられ、社交性からくる外の実現実はないがしろにされてしまう傾向はあるのかもしれません。

最後にまた。本は売れます。売り出した年も月も本当にベストの時期ではないでしょうか。今年は印税で、彼女の大好物そうな高級寿司を充分堪能できるんではないでしょうか。




スポンサーサイト

[不定期]エセ占い-ぺこ&りゅうちぇるの今後を占う

皆さん今年もよろしくお願い致します。
今年、初のブログがエセ占いで、FXの方をやられてた方々には失望させてしまい申し訳ありません。
今年は趣味にひたすら没頭したい感じがありまして、その一貫の内のエセ占いのブログがたまたま今年の最初だったんだな、という、
だっ、たん、だ、な、、という裸の大将として大賞を得たい年度に粘度としてはかなり強固な年度であります。

さて、その、なんだ、ぺこなんとかりゅうちぇる、なんかもう秒殺で林家ペーパーを超えてるキングオブポテンシャルなカップルだなーという印象でしたが、
エセっと占いをしてみたら、次のような仮説が仮設トイレの中で浮かびました(嘘)。

①「ぺこ」が「戦略的に」、「生き残るために」、りゅうちぇるを「伴った」という考え方は間違い
傍から見ますと、結果的にはペコが学生時代に関西で吉本に所属していて、「相方」を捜して上京してりゅうちぇるに出会い、これは「イケル!」と思いコンビを組んだ(恋愛関係は後付け、いつか別れる)みたいな雰囲気もあるかと思いますが、それはエセ占いからすれば見当たりませんでした。
占いからすれば、ぺこ単独でテレビ出演依頼があったものの、自身に自信はなく、もともと依存症であり、単独での出演にはかなり心配で臆病で自信がなくてそれならば、彼氏(りゅうちぇる)を伴えば何とかしてくれるんじゃないか?というのが発端だったんではないかと推測されます。
たしかに彼氏(りゅうちぇる)は、ああみえても何かを踏み外しているようで、実際には踏み外していない生き方が内から染み付いていますので、踏み外していないのがベースにありますので、踏み外しての言動や行動はある程度、自身の中でコントロールされての自分なので、でもそれは80%は自分の本質を自然に出している状態です。…説明は難しいですが、
とりあえず、この2016~2018年は彼等にとっては短期的に耕運機ですから、あっ漢字間違えましたね。いやでも耕して欲しい時期ですね。その間に充分やりきって欲しいっす。
まあしかしぃ、長期的に見れば、お互いは更に愛を深める暗示はありますが、年を追うごとに「若い頃」とはかなり相性パターンは異なってきますので、どうなるのか中年になったら?という疑問がりゅうちぇるのヒゲとそれを容認するような、それらの老いを容認出来得るような器がぺこにあるのか否か?みたいな感じで、



そろそろ酔っぱらってきましたので、
「お開き」
にしたいかなと思ったりもします。

今年初めは去年に加藤初さんが亡くなったりということで、初めの高揚感は忘れたくないな、でも、ええっと、今年の初夢が気になりだしましたので、寝るのか分からないけれども、そろそろまああ字数的には充分かな、もういいかな、もういいかい?ということで、皆さんに耳は傾けない時間帯なので、首をkt向けて休みたいあkな、ありがとうございました、「@23p-いおq;wtj」g-q3902bj」k2^-yぅい5て6よ;kh5えykぽ@h-w4「q3¥^2f^k-]wtmey6dpek@g5i:y]s0u@hju,@g0ke-p23q:4cw]ld,wpy45xze;jsgpkyrstd,98hd;krv:talpesg8h;6b-ol[@p3@5gwq3fq@2^w\^peo0ir skfldc9:x;86uyjfds890ipo

ドナルド・トランプをエセ占いしてみたらどうなったか

ドナルド・トランプ氏
1946年06月14日生まれ
テレビなどで目にする印象とは全く異なる占いが出ました。

「彼は真のポピュリストでもないかも知れない」
本人自体の本質は極めて現実的だと思われますが、
①現実的なバックボーンからコペルニクス的転回の発想をしやすい
②バックボーンは現実的な所から着想するのに表現力が皆無なため本人の意図とは異なった受け取られ方をされやすい
以上の事から今回のイメージとしては「ポピュリスト」と言われたのかも知れません。
それでは真のポピュリストではない可能性はあります。むしろ「内弁慶」のようなイメージです。
(それでは逆に皆さんに聞きたいのですが、小泉元総理は結果的にポピュリストでしたか?と聞き正すと、ハッとさせられ考えさせられる部分はあるかもしれません)

「ではどんな風に(主に)外交をしていくのか」
占いでは表現力も社交性もありません。ツイッターとかでやってる方が彼の性に合っているのかも知れません。
しかしながら、彼の最大の武器としては、敵の脅威に何の恐れも感じず、または気が付かず、敵地に乗り込んでいける強さはあります。

「占い的にはどのようにしていって欲しいか」
ズバリはやはり対話路線です。元は敵視していた相手のところにも平気で彼は乗り込めるので、そこで対話に持ち込めば、
「思ってた悪いイメージとは違っていい奴じゃん」という意外な印象は与えやすいという占いは出ています。
そして彼独自の経験からの経済センスやコペルニクス的転回が功を奏せば、
もしかしたら今までの複雑な国家間の関係もクリアになるかも知れません。

彼自身には何らかの「釘」を国内なり国外であり機関である組織や人が刺しておく必要とか、日本でいう官房長官が彼の言葉をうまく代弁してくれるという存在が必要とかはあると感じますが、過剰に「トランプは危険人物だ」と罵り「過ぎる」人の意見には、その人じたいの既得権益だったりといった今までのように仕事が出来なくなって生活の安定の均衡が崩れてしまうのではないかという個人的な危惧感から発せられている可能性もはらんでいると思うので、注意は必要かと思います。それとて、反トランプ評論家でさえ実はポピュリストだったなんてこともあったりするかも知れません。それぞれ自分なりの見識をもって見極める必要はあると思います。

……現実的に次期大統領に決まった以上は、何とかしてもらうしかありません。

個人的には、政治以外で超お金持ちになった本人が国を動かすとどうなるのか?という点は気になっています。
だってこれ以上の地位やお金持っててもしょうがないじゃないですか。そんなにもっててもどうするんだと。
前に在籍していた会社の社長が言っていたのですが、
「政治は元からお金持ちがやればいいんだよ。自分の生活なんてどうにでもなるんだから、自分の利益にしがみついて国を動かそうなんて考えないだろ。あとは金持ちにさせてもらった国に、その…恩返しというかそんな気持ちがどれだけあるかどうかで変わってくるだろ。」
とかなんとか言ってました。

占い的には、彼の両親、年上、目上の人間には本当に良くしてもらっていたというのが見て取れますので、
アメリカの国じたいを「両親」と見立てて、その恩返しをしていくような感じでいるならば、因果応報としてはうまく運営できるのではないかなとは感じています。



(不定期)為替予想

ドルストレートの戻り売りはまだ有効かなあと思います。カナダとのペアでもドル同様だと思います。

10/12-05:00~07:00お水取りに行ってきました!

今年もやってきましたお水取り!
私は、九星気学でいうところで生年月日の3つが全て二黒土星なので、
九星気学の吉凶方位の影響を受けやすいのかなあと思いつつ、
今年は六白金星の年で、今月10月は六白金星の月、10/12は六白金星の日、さらに朝5時~7時が六白金星の時間(なのかな?おいらと違ってエセじゃない占い師から教わりました)!
その同じ星が重なったときに、自分のその時の吉方位に、
非日常的に出かけて、
その土地の地下水をその場で飲んだり、
ペットボトルなどで汲んで帰って、
毎日少しずつ飲んでいくと、
その吉方位の意味する願掛けをして自己開運が促されるという、

何とも神秘的なものなのです。

2010年から始めていて、今年が3回目。自分なりに効果は出ています。

ところで私の今年は東北方位が吉方位になっていて、
自宅から日本国内で、一番遠い東北方位はどこかと調べたら、
ずっぽし福島第一原発でした。
それはさすがにそこらへんの地下水は飲めない。

しかも平日で仕事は普通に、というかたまたまとても重い仕事があったので、
近場で行けるところにしました。

東北方位の意味するものは、
ひらめき、先見性、先の見通しがつくとかそんな感じでしたので、

「一生俺はこれで暮らして行けるんだ」という何かを見つけられるように願掛けしました。

また、10/21や10/30も六白金星が重なる日なのですが、土用(土用の丑の日というのがありますが、毎年4,7,10,1月には土用の時期があります)に入るため、お水取りはできないようです。
しかし、気をもらってくることは可能ですので、その日はなるべくそっちの方位へ出かけようと思っています。


 | ホーム |  次のページ»»