W&E - プロフィール

water and earth

Author:water and earth


postrockを嗜好し

地底探偵・遠洋漁業・
シェンクーで
ドラムを叩きつつも

W&Eとして
簡単なギターを爪弾いて
唄っては踊らずに
日々を精神的に精進


・自称エセ為替トレーダー
・自称エセ占い師&
生き抜き方コンサルタント

将来はスタジオと為替と
占い師&人生相談で富裕層
になります。

しかし普段も
相変わらず訳のわからないことを
言っている人。


W&E - リンク


ブログ - カテゴリ別


ブログ - 新着順


ブログ - 月別アーカイブ


W&E - twitter


W&E , WSG音源

W&E
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf

WSG
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf


行く人来る人÷2


天氣予報


-天気予報コム- -FC2-

kawase-bijo


トラリピ

M2J お友達紹介プログラム by マネースクウェア・ジャパン

mail form

name:
address:
subject:
mail:


最新コ〆ン卜


最新卜ラックバック


詮索⊃ォ一云


(不定期)自作+市販EA損益結果

収益

9,569JPY

収益率

0.74%

入金額

1,300,000JPY

含み損益

-9,454.00JPY

勝率

63.13%

プロフィットファクター

1.12

合計利益

1,695,140JPY

合計損失

-1,509,200JPY

平均利益

7,122.44JPY

平均損失

-10,857.55JPY


また今月も先月と同じように、月の半ばにはプラスになったのに結局はトントンという。。

まだ大損してないだけ、ありがたいですが、
いかんせん不甲斐ない。。
過去のバックテストからすると、順調にプラスになっていくならばもっともっとじゃんじゃんバンバンプラスになっていってるハズだった訳で…
いつかはそういう局面になることを期待したいです。
しかし、今がもし専業トレーダーでこの口座のみで勝負していたなら、しばらく無給な訳で、やっぱりそうなると精神的なツラさはかなりのものだろうなあと改めて痛感しました。。




スポンサーサイト

(不定期)自作+市販EA損益結果

収益

156,443JPY

収益率

12.03%

入金額

1,300,000JPY

含み損益

-5,919.00JPY

勝率

64.77%

プロフィットファクター

1.29

とりあえず今週は盛り返したものの、想定したよりは全然収益が伴っておりません。
たいてい、秋口から市場は取引が活発になるイメージがあるので、そんときくらいにならなきゃ結果は出ないのかなあと思いつつ、何があるかはわからないし、自分が決めるものではないし、結局はいつも通りに稼働するより他はない状態です。。




(不定期)自作+市販EA損益結果

収益
56,941JPY

収益率
4.38%

入金額
1,300,000JPY

含み損益
-2,440.00JPY

勝率
62.92%

プロフィットファクター
1.18

うーむ。。
6月中に一時はプラス20万円を超えたものの、色々なタイプのEA達が全体的に不調になって今週は元本割れになった場面もありました。詳しくはまだまだ時間が無くて調査しきれていないけど、何となく不調になる時期は掴みつつあって、例えば為替王の勝ち組投資マニュアルで言いますと、ターゲットに到達してからトレンドが転換した時とか、もっとマクロで言うと、直近の史上高値安値圏にいる時などは市場の思惑が一致しなくなったりしているのか、調子が悪くなりやすいのかなあ?という感じです。
対策法としては、調子の悪い時期に補完できそうなEAを作成するとか、今のところ通貨ペアは全てドル円だから、他の通貨ペア、せめてユーロドルとか、ドルや円が絡まない通貨ペアで良さげなEAを作成するか市販で購入するか、といった感じでしょうか。時間足だけでも、今ある稼働させているEAに無い時間足のEAを追加するだけでも効果はありそうだなあとか、トレンドフォロー型、逆張り型、スキャル系、レンジ系、ブレイク系、とかタイプの異なるEAをバランス良く配合することでも変わってくると思います。例えばポジションメイクの例として、トレンドフォロー型が利が乗った状態の中でちょこちょこ逆張りスキャルが利確しつつ押し目買い戻り売り型もちょこちょこ利確しつつ最終的に大きな利益を得られた、となれば安心していられますね。


(不定期)自作+市販EA損益結果

7月1日現在

収益

73,324JPY

収益率

5.64%

入金額

1,300,000JPY

含み損益

0.00JPY

勝率

65.99%

プロフィットファクター

1.23

合計利益

864,969JPY

合計損失

-703,096JPY

平均利益

6,653.61JPY

平均損失

-10,493.97JPY

取引回数

197回

…うーむ。。途中まではプラス20万円くらいになったけど、6月から始めて1ヶ月で結局プラス7万円…
まあ、プラスで終わるのとマイナスとではメンタル的にも将来性的にも全然違うから、まだプラスで終わって良かったと言えば良かったけど、
この口座に関してはかなりリスクをかけていて、平均で月利30%弱のリターン、最大ドローダウン時には資産が半分になってしまうくらいなので、まだまだ生ちょろくて、このままだと、これから大儲けか大損か、となるでしょう。
もし仮にイイ感じに増えたならば、途中でリスクをかなり下げていくでしょう(それがうまくいったら誰もが億万長者かも知れないけど、その可能性はないわけではない)。

取引回数はおそらく、いつもより少なかったかなと思います。PFももう少し上がってきてもいいかなあと思います。そこらへんが通常に回帰すれば、成績は改善されるかな、と思います。

ドル円は、ターゲットの112.7に到達しても、まだ買い気がある感じで、最大の113.2まで行くかな?と見せかけて113円手前で指標も良くなかった事もあり、そこから下落していった時からほとんどのEAが噛み合わなくなった感じでした。

あそこで売りをかます、なおかつ長期に渡って右肩上がりのEAを開発できれば、いいなあ、という感じです。


[不定期]バックテストとフォワードが違うEAにはどんな点があるか?

エントリー条件に逆張りのロジックを搭載していたとしましょう。
簡単に、確定足でRSIが30を下回ったら買い、70を上回ったら売りだったとします。
つまり押し目買いだったり戻り売りだったりします。
そうすると、
売りの場合は70未満だったら69でも69.9でも売りにはなりませんが、
70以上だったら75でも80でも売りになります。
そこが問題で、
売りエントリーにならない場合は、69.9までRSIが上がって戻ったが、そこから価格が下落して利確ポイントとかまでいったということです。
しかもそれはA口座では70になって売りエントリーしたけどB口座では69.9で売りエントリーにならなかった。
ということもあるし、バックテストでは売りエントリーになったけどフォワードでは売りエントリーにならなかった、ということも充分あり得ます。
しかし、売りエントリーがしっかり付いた時には、70以上になったということだし、もちろん75とか85とかになるまで上がり切ったり、
ということは、A口座もB口座も、バックテストでもフォワードでも戻り売りしたけど、戻ったまま価格が上昇して損切りに終わったというケースも含みます。

つまり、勝ちエントリーは減りやすいことがあるが、負けエントリーは増えも減りもせず必ずエントリーされる。
という事態が続くことも充分ありえます。

すなわち、例えばFX-ONのEA販売ページのデモフォワードと実際に購入者が実運用して見比べた時に、
「勝つ時にはエントリーせず、負ける時にはちゃんとエントリーしてる!使えないEAだ!」

となって、レビューにそのような記述が良くあるのはそのためです。

もちろん、リアルフォワードの方が有利な方に働くこともあり得るし、その差は取引回数とともに収束していくだろうということを考えれば、幾分は少し落ち着いてEAを停めないで稼働できるところはあるのかなとは思います。

ただ、逆張りロジックを含んだEAでは、負ける時にはどんな口座でもエントリーして負けていて、勝つ時にはエントリーしている口座とそうでない口座が出てくることは可能性としては充分あります。




 | ホーム |  次のページ»»